読み物

カラダ会議:ドクター編

不妊治療 不育症・婦人科

子どもを授かるために。~ 前編~

私たちが目指すのは、来院されるひとりひとりの心と身体に寄り添える治療です。

当クリニックは、婦人科に関するお悩みから不妊治療を希望される方まで、さまざまな症状の方が来院されます。不妊治療を開始するにあたっては所定の検査を行いますが、生理痛などの症状を伴う場合は更に詳しい検査で治療方針を探ります。検査の結果、内膜症や子宮筋腫などが見つかる方も多く、症状が重い場合はその治療が優先されることもあります。ですが近年は30代半ばから40代前半の患者さんが増えており、妊娠を前提に考えた時に、疾患の治療と同時進行での不妊治療を選択せざるを得ない場合もあります。
日本産科婦人科学会による不妊症の定義は、「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という。その一定期間については1年というのが一般的である」となっていますが、アメリカ生殖医学会のガイドラインでは、「35歳以上であれば、6カ月で医学的な検査を開始するのがよい」と推奨されています。妊娠を希望する場合、年齢は若いほど、治療開始は早いほど有利になるのです。
将来子どもを授かりたいとお考えで生理不順や生理痛などの症状がある方は、症状が軽い場合でも早めの検査をすることが将来の安心に繋がります。今は血液検査だけで簡単に卵巣予備能(卵子の数)等を測定することも可能です。少しでも気になることがあれば、ぜひ早めにご相談ください。

井上善レディースクリニック(完全予約制)

http://www.inoue-lc.com/
診療時間 月~金 10時~13時/14時30分~18時
土 10時~12時/13時~15時
木曜午後・日曜・祝日は休診
住所 福岡市中央区天神1-2-12
メットライフ天神ビル 6F
TEL 092-406-5302

院長 井上 善仁 (いのうえ よしひと)

昭和59年3月九州大学医学部卒業。九州大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)。米国シンシナティ大学医学部生理学教室留学後、福岡市立福岡市民病院産婦人科医長、九州大学医学部附属病院産婦人科併任講師、福岡大学病院准教授、国家公務員共済組合連合会浜の町病院産婦人科部長を経て、平成28年7月井上善レディースクリニック開院

情報提供元
所在地

情報提供元
所在地
TEL