読み物

カラダ会議:ドクター編

ちか先生の「ま目」知識

目の健診をしていますか?

10月10日は目の愛護デーです。これは、10.10を横にすると、人の顔の目と眉に見えるからだそうです。

目の病気は、自覚症状が乏しいのが特徴です。

視力がよくても病気が潜んでいる可能性があります。緑内障は日本人の失明原因一位ですが、末期になるまで症状が全くありません。あなたの目の健康を守るため、かかり
つけ眼科医を見つけて、年に一度は目のチェックをしましょう。自分の目は自分で守る!意識が大切です。

緑内症

緑内障とは 、視神経が目の圧力( 眼圧 )でダメージをうけ、視野が狭くなっていく病気です。40才以上の20人に1人の割合で、年齢が上がるにつれ、その確率も上がります。末期になるまで、自分で気づくことができないため7割の人は、緑内障が未発見といわれています。緑内障のタイプは色々ありますが、眼圧が正常でも緑内障になる正常眼圧緑内障の方が日本人には過半数以上を占めています。眼科での診療と、視野検査で、進行していないかどうかを確認しながら治療していく事がとても重要です。最近では、光干渉断層計(OCT)を用いて視神経乳頭や網膜の厚みを測ることで、適確な診断や経過観察が可能となりました。

大原ちか眼科(予約制)

http://oharachika-ganka.com/
診療時間 【月・火・木・金】9:30~13:00/15:00~19:00
【水・土】9:30~13:00
※予約制
[予約専用ダイヤル] TEL:0120-531-533
住所 〒810-0041
福岡市中央区大名2-12-9
赤坂ソフィアビル2階
TEL 092-722-0303

情報提供元
所在地

情報提供元
所在地
TEL