読み物

カラダ会議:ドクター編

不妊治療 不育症・胎児診断

小学校の頃、肝油を 食べていませんでしたか?

ノルウェーの研究で、妊娠18週から出産3ヶ月後まで590人の妊婦にタラ肝油、コーン油いずれかを摂取してもらったものがあります。タラ肝油には大量のDHAが含まれていて、そのグループの母乳中や臍帯血にはDHAを含むnー3系のの脂肪酸が移行していました。すると4歳児の時点で明らかにコーン油グループより知能が高かったのです。私の知り合いの先生は、なかなか改善が見られなかった自閉症の子にDHAを投与して著効している経験を何人も持たれています。
nー3系の DHAは、脳、網膜、精液、母乳に多く含まれる脂肪酸で、学習機能向上作用や視力低下抑制、抗アレルギー作用などたくさんの作用が注目されています。EPAと違って、血液脳関門を通過しやすいためです。
脂肪は、今まで十把一絡げに悪者扱いされてきましたが、いい油と悪い油を区別することが大切です。nー3系の亜麻仁油やエゴマ油なんて今まで手に取ったことがない方も多いですよね。ただ少し味が微妙なので、私はDHAをサプリとして摂っています。そして酸化されにくいオリーブオイルやバターを日常使いながらMCTオイルを毎朝摂っています。そしてトランス脂肪酸を極力避けています。それでも脂肪酸分析を依頼すると、まだまだnー3系が低く、心筋梗塞のリスクは低くないとの結果でした。今までの不摂生がたたっているのかもしれません。

古賀文敏ウイメンズクリニック

https://koga-f.jp/
診療時間 〈完全予約制〉
※「初診予約受付日」は、お電話かHPでご確認ください。
平日10:00~13:00/15:30~19:00
水曜10:00~13:00/午後休診
土曜10:00~13:00/15:30~17:00
(日曜・祝日は休診日)
住所 〒810-0001 福岡市中央区天神2-3-24 天神ルーチェ5F
TEL 092-738-7711

院長 古賀 文敏 (こが ふみとし)

日本産科婦人科学会専門医、臨床遺伝専門医
大分医科大学(現大分大学)卒業後、久留米大学産婦人科学教室入局。久留米大学病院、国立小倉病院を経て、聖マリア病院新生児センターにて出産後の母子ケアを学ぶ。1999年1月国立小倉病院成育センター周産期病棟医長、生殖医療部門立ち上げに関わる。2004年4月久留米大学病院にて不妊・内分泌部門主任として多くの不妊女性の治療にあたる。2007年5月福岡市中央区大名 サウスサイドテラス4Fに「古賀文敏ウイメンズクリニック」開院。2014年6月中央区天神2丁目 天神ルーチェ5Fに移転・拡張。

情報提供元
所在地

情報提供元
所在地
TEL