読み物

カラダ会議:ドクター編

美容皮膚科美容外科

コロナ太り? ダイエットを 妨げるのは「食べたい欲求」です

この春、緊急事態宣言が発令されたことを受け、外出の機会が極端に減った方が殆どではないでしょうか。テレワークにシフトした方も多かったようです。そんな中、「コロナ太り」というワードが聞こえてきました。専門家も懸念する一番の理由は、やはり「生活習慣病」。見た目ではわかりにくい内臓脂肪も心配されます。特に女性の場合、見た目や美容上の観点から皮下脂肪のほうが問題視されがちですが、健康上の理由からは男女ともに内蔵脂肪のほうが重要です。また実は内臓脂肪を落とすことで、皮下脂肪が落ちやすくなります。脂肪がつく原因はやはり食べ物です。身体が燃焼するエネルギーを上回るエネルギー(食べ物)を摂取すると、当然余分なエネルギーが身体に蓄えられます。そもそも「ダイエット」をするときに「何が一番問題か?」というと、食欲が食欲は「摂食中枢」と「満腹中枢」に支配されています。この2者が丁度シーソのようなバランスで、脳に働きかけます。「お腹がすいた」、「お腹いっぱい」という脳からのサイン(指示)で、食べ物を摂取するという行動につながります。
実は医療や美容の観点から内臓脂肪に作用する治療法があります。それが「GLP-1」です。「GLP-1」は、当初「糖尿病の薬」として開発されたもので、「肥満治療に効果がある」として欧米で認可された薬です。日本でも徐々に浸透しており、現在では特に美容の分野で使われはじめています。
毎日「GLP-1」を皮下脂肪に注射することで(ご自身で簡単にできます)、摂食中枢に作用してムリなく自然と食事量を減らすことができます。試してみたい方は医師に相談されるのがいいでしょう。当院でも診断、処方しております。ご相談だけでも、お気軽にお問い合わせください。

あやべクリニック

https://ayabe-clinic.jp/
診療時間 [電話受付]
09:30~19:00
[診療時間]
10:00~18:00
不定休
(日曜・祝日も診療)
住所 〒812-0013
福岡市博多区博多駅東
2-5-37博多ニッコービル8F
TEL 0120-072-557

院長 綾部 誠(あやべ まこと)

東京医科大学卒業後、久留米大学病院 形成外科や、国立病院九州がんセンターを経
て、大手美容外科に勤務。平成9年、あやべビューティークリニック福岡 開設 (旧:福岡三井中央クリニック)。院長に就任。
一つひとつ、患者さま目線で丁寧に。
その時点でできるベストを尽くす。これこそが患者様を幸せにできる最良の方法だと考えています。患者様の笑顔を励みに、もっと技術を鍛錬し、新しいこれからの医療を取り入れていこうと強く感じている毎日です。

情報提供元
所在地

情報提供元
所在地
TEL