読み物

カラダ会議:ドクター編

歯科クリニック

花粉症でも歯が痛くなる?!

春といえば花粉症?!
花粉症の人には頭の痛い季節ですが、今回は花粉症でも歯が痛くなる可能性についてお話します。花粉症による鼻炎(鼻風邪など)では、急性鼻炎を起こす場合があります。典型的な症状としては、鼻水の増加や鼻粘膜の肥厚、粘膜が腫れて膨らむことによる鼻づまり、鼻水が喉に垂れるために痰(たん)が絡んで咳が出るなどがあります。鼻炎になると鼻の中だけではなく、鼻とつながる各所にも炎症を生じます。
目の下で鼻の横、ちょうど頬(ほほ)の辺り、上あごの骨の中に「上顎洞(じょうがくどう)」という空洞があります。上の奥歯の根の先はちょうど上顎洞の底に位置しているため、鼻に強い炎症を生じると歯根の先が刺激されて、上の奥歯にまるで虫歯のような歯痛を生じることがあうな感じがするなどです。虫歯ではないため、冷たいものが滲みるなどの症状は出ないのが通常です。また隣接する2-3本の歯に同時に痛みがでることもあります。
風邪が流行る冬場や春先の花粉症の季節には、鼻炎が原因と思われる患者さんが増えます。鼻炎による歯痛なのか、虫歯による通常の歯痛なのかの見極めが大切です。花粉症や風邪をひいた後で上の奥歯が痛い場合は、口腔外科に精通した歯科医に相談するのが良いでしょう。
また、この逆で、虫歯を放置し、根の先端部分から上顎洞に細菌が入り込む、あるいは歯周病が進行し歯の周囲から細菌が入り込むなどして、歯の根の周囲が化膿した状態から鼻炎を起こすこともあります。上の奥歯で放置した虫歯がある人は、できるだけ早めに歯科医を受診しましょう。

あべなおこ歯科クリニック

http://abenaoko.dentdb.com
診療時間 〈予約制〉
※初診の受付は17時まで
平日09:00~12:30/14:00~18:00
※水曜のみ午後休診
土曜日09:00~12:30
(日曜・祝日は休診日)
住所 〒813-0001 
福岡市東区唐原1-2-1 
ランドスケープビル2F
TEL 092-674-4182

院長 安部 直子 (あべ なおこ)

日本口腔インプラント学会、日本アンチエイジング歯科学会所属
平成7年九州大学歯学部卒業、平成12年九州大学大学院歯学研究科歯学臨床系専攻博士課程修了。九州大学病院口腔外科医局勤務を経て、平成14年開業医にて勤務。平成17年12月あべなおこ歯科クリニック開業。

情報提供元
所在地

情報提供元
所在地
TEL