読み物

カラダ会議:ドクター編

産婦人科

産科医が教える 「妊娠前の基礎知識」(前編)

妊娠前に受けるべき検査として、子宮がん検査、超音波検査(子宮筋腫・卵巣のう腫)、風疹抗体検査などがあります。

子宮がん(頸がん)まとめ

妊娠中の精密検査は出血しやすく、危険をともなう場合があります。
そのため、妊娠前にできるだけ精密検査や治療をすませることが大切です。

子宮筋腫(まとめ)

妊娠中は大きくなりやすく、変性して激しい痛みをきたすことがあります。ですが、産後は小さくなることが多いので、高齢の場合は、早めに次の妊娠を検討したほうがよいと思われます。
 ある程度、年齢が若くて、着床不全や流産の原因となりそうな場合に限って、筋腫核出術を受けることをおススメします。なお、帝王切開時は原則、有茎性漿膜下筋腫のみ、摘出が可能です。

卵巣のう腫(まとめ)

大きい卵巣のう腫はまれに妊娠中に茎捻転を起こして、緊急手術の可能性があります。治療が遅れると、卵巣摘出をしなければならない場合もあり、注意が必要です。
チョコレートのう腫は、妊娠中に大きくなることがあります。そのため、5cm以上の場合は、妊娠前に摘出術を考慮したほうがよいと考えます。

現在の風疹対策

妊娠中は風疹ワクチンの予防接種ができず、接種後2カ月間は妊娠を避ける必要があります。ポイントとして、女性は妊娠前に2回の風疹ワクチンを受けること、妊婦の周囲の者に対するワクチン接種が重要です。

青葉レディースクリニック

http://aoba-ladies.jp
診療時間 〈予約制〉
※初診の受付は17時まで
平日09:30~12:00/15:00~18:00
土曜09:30~12:00/15:00~18:00
(日曜・祝日は休診日)
住所 〒813-0036
福岡市東区若宮5-18-21
TEL 092-663-8103

院長 小松 一 (こまつ はじめ)

(社)日本産科婦人科学会産婦人科専門医
1995年3月 九州大学医学部卒業。
九州大学病院周産母子センター母性胎児部門、北九州市立医療センター産婦人科、九州厚生年金病院(現、九州病院)産婦人科などを経て、2007年5月 青葉レディースクリニックを開設。家族が泊まれる特別室を併設。2012年8月には マタニティヨガ、離乳食教室、母親教室を開始。患者さまとの対話を重視し、安心・安全でしっかりとした診療のご提供を第一として、末永く地域のみなさまに愛される病院を目指す。
FM福岡で「やさしく解説:産婦人科のおはなし」(毎週木曜10:55~)を放送中。

情報提供元
所在地

情報提供元
所在地
TEL